ゆび募金支援者のご紹介

現在の位置 : ジャパン・カインドネス協会HOME >> ゆび募金支援者のご紹介
 
有限会社 クリーン薬局 様
代表者名
伊佐間 茂樹
企業理念
人々が「健康な生活」を送るため、保健、医療、福祉を通じて、地域に貢献する。
事業内容
医療・福祉
CSRの方針
医療・福祉への貢献
ゆび募金参加の理由
ボランティアの気持ちはあってもなかなか機会がないという人でも、簡単に行うことのできることであり、その手助けをできると思い参加しました。
寄付先選定の理由
当社は以前より、「世界の子どもたちにワクチンを」の活動を支援しており、新たな寄付機会を提供するため、選定しました。
<寄付先>
世界の子どもにワクチンを 日本委員会
クリーン薬局
 
キムラユニティー株式会社 様
代表者名
代表取締役社長 木村 幸夫
企業理念
会社はお客様のためにあり、社員とともに会社は栄える。
事業内容
複合サービス業
CSRの方針
環境への貢献
ゆび募金参加の理由
紹介により導入。
寄付先選定の理由
新聞・報道等で震災復興に向け頑張っておられる方々を見るにつけ、何か出来ることはないかと模索する中、ゆび募金活動を通じて微力ながらも復興へのお役に立てればと考え、選定しました。
<寄付先>
東日本大震災 復興支援
キムラユニティ
 
キヤノンマーケティング
ジャパン株式会社 様
代表者名
代表取締役社長 川崎 正己
企業理念
共生
事業内容
キヤノン製品ならびに関連ソリューションの
国内マーケティング
CSRの方針
国際貢献・環境への貢献
ゆび募金参加の理由
ドリンク購入を通じて寄付参加できるという「ゆび募金」の仕組みが、社会貢献活動に対する従業員の意識啓発向上に寄与すると考え、参加させて頂くことになりました。
寄付先選定の理由
従業員に対して、当社が支援している団体が取り組む「国内外の社会的な課題」に関心を持たせるとともに、新たな寄付機会を提供するため、選定しました。
<寄付先>
国連WFP協会
東日本大震災 広域避難者支援基金
キヤノン
 
クオール株式会社 様
代表者名
中村 勝
企業理念
わたしたちは、すべての人の、クオリティ オブ ライフに向きあいます。いつでも、どこでも、あなたに。
事業内容
調剤事業、非調剤事業(CSO事業、治験事業等)
CSRの方針
地域社会への貢献
ゆび募金参加の理由
日本保険薬局協会より「ゆび募金」の理念・活動を紹介され、当社もその理念・活動に賛同し、参加させていただくことにいたしました。
寄付先選定の理由

当社は、従前より、“難病の子ども達の夢をかなえる”ボランティア活動をされているNPO法人団体
「メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン」に、全店舗での活動推進をしております。寄付金活動だけでなくゆび募金により「メイク・ア・ウイッシュ」の活動を多くの人に知っていただき、難病の子ども達の夢がかない、明日を生きる希望につながることを願っております。

<寄付先>
メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
クオール
 
有限会社 サンプラス 様
代表者名
藤田 元
企業理念
常に新たな価値を創造し、社員と地域社会の健康と幸福に貢献する。
事業内容
調剤薬局
CSRの方針
医療への貢献
ゆび募金参加と
寄付先選定の理由
東日本大震災により当薬局も半壊し、復旧の途上にあります。被災地域の復興に貢献したいと思い、参加を決めました。
<寄付先>
東日本大震災 復興支援
サンプラス
 
北杜市立塩川病院 様
代表者名
病院長 都倉 昭彦
団体理念

「忘己利他(もうこりた)」
「あなたの元気が見たいから、あなたの笑顔が見たいから、私たちはがんばります」

事業内容
医療・福祉
CSRの方針
医療への貢献
ゆび募金参加の理由
東日本大震災の被災地での医療支援に直接携わり、今後も災害医療支援に貢献したいと考え参加しました。
寄付先選定の理由
災害支援として、日常生活の中で無理なく貢献できる提案をしてくれた団体で、賛同できたため選定しました。
<寄付先>
東日本大震災 復興支援
北杜市立塩川病院
 
株式会社 宮前調剤薬局
有馬センター薬局 様
磯子センター薬局 様
代表者名
代表取締役  伊藤 啓
団体理念

患者さんとみんなでHAPPY

事業内容
医療
CSRの方針
医療への貢献
ゆび募金参加の理由
医療を担う企業として、社会福祉に貢献したいため。
寄付先選定の理由
同じ医療を担う仲間に貢献したいため。
<寄付先>
世界の子どもにワクチンを 日本委員会
有馬センター薬局
 
湘南青色申告会 様 
代表者名
会長 宮下 勤
団体理念

小規模事業者に対し、税務を始めとする総合アドバイザーとして地域社会に貢献する

事業内容
税務相談
CSRの方針
税務への貢献
ゆび募金参加の理由
自動販売機で飲み物を購入するという何気ない行動が、社会貢献につながることに魅力を感じたから。
寄付先選定の理由
社会的な弱者(特に健康面においての弱者)に対して、少しでも社会復帰に力になればと考えたため。
<寄付先>
公益財団法人 日本盲導犬協会
湘南青色申告会
 
上宮田漁業協同組合 様
代表者名
代表理事組合長 吉田 稔
団体理念

三浦海岸地区の地域振興と環境保全

事業内容
漁業
CSRの方針
環境への貢献
ゆび募金参加の理由
自然を相手にして、危険と背中合わせの毎日を送っている多くの仲間。いつ災害に遭遇するか予測できない海の上。漁業従事者の遺児支援活動をしているので、ゆび募金に参加しました。
寄付先選定の理由
漁業従事者の相互協力の立場から、海難者遺児への育英支援を行っている団体への協力はしなくてはならないと考え選びました。
<寄付先>
公益財団法人漁船海難遺児育英会
上宮田漁協
 
株式会社テリロジー 様
代表者名
代表取締役 津吹憲男
企業理念

常にお客様のニーズに対応し、お客様の満足を実現する

事業内容
卸売り・小売業
CSRの方針
国際貢献・環境への貢献
ゆび募金参加の理由
当社CSRの観点から、社員と一体感をもって社会貢献できる寄付方法であったから。
<寄付先>
公益財団法人 日本自然保護協会
株式会社テリロジー
 
株式会社イーマックス 様
代表者名
太田 善政
企業理念

駐車場のインフラ整備を通し、
車社会の交通安全発展に貢献する。

事業内容
駐車場業
CSRの方針
環境への貢献
ゆび募金参加の理由
車輌から排出される排気ガス等の影響を考え、
飲料自販機の売上げの一部を環境保護にあてる
ことで、少しでも貢献できればという思いで
参加しました。
寄付先選定の理由
少しでも環境保護に貢献したいという思いで
選びました。
<寄付先>
公益財団法人 日本自然保護協会
株式会社イーマックス
 
株式会社 ながやま 様
代表者名
永山 幸弘
企業理念

全ては お客様に喜んでいただくために
そして 社会のために

事業内容
小売業
CSRの方針
福祉への貢献
ゆび募金参加の理由
福祉活動への参加と地域貢献
寄付先選定の理由
地域に根ざした活動を行っており、当社の趣旨と一致し、賛同できるため選定しました。
<寄付先> 希親会
安心生活・ゆいの会
 
瀧野川信用金庫 様
代表者名
荒木正夫
企業理念
地域の金融の安定と地域の持続的な発展に貢献する使命を担う
事業内容
金融業
CSRの方針
福祉・環境への貢献
ゆび募金参加の理由
「ゆび募金」自販機を通じて社会貢献活動に参加できる仕組みとなっているため。また、当金庫のCSRの一環として参画しました。
<寄付先>
東日本大震災復興支援
瀧乃川信用金庫
 
東邦ホールディングス株式会社 様
代表者名
濱田 矩男
企業理念
社会・顧客と共生し、独創的なサービスの提供を通じて新しい価値を共創し、世界の人々の健康に貢献する
事業内容
卸売業
CSRの方針
医療への貢献
ゆび募金参加の理由
毎日の会社生活の中で、関わりの多い飲料自販機、そこから飲み物を購入することで社会貢献になる。無意識のうちに困っている人たちへの支援ということで、私たちにも手軽に取り組めるいうことでゆび募金に参加しました。

<寄付先>
日本盲導犬協会・国境なき医師団
国連WFP協会・北海道盲導犬協会など

東邦ホールディングス株式会社